合同説明会では採用担当者の人柄を見るべし

バナー

合同説明会では採用担当者の人柄を見るべし

なぜそこの企業を志望することになったかというのは人それぞれで、成長していくというのがひしひしと感じたとか、営業戦略が魅力的だったと学生の時点で分かっている人はほとんどおらず、たいていはネームバリューなどで決めがちです。

合同説明会に参加する場合は採用担当者、もしくは社員の人柄を見た上で判断することが1つの基準となります。

よく面接では、この人と一緒に働くイメージを描けるかどうかを面接官は考えながら質問していると言われますが、同じことが合同説明会でも言えます。この人と一緒に働きたいと思える人であれば、この会社に入ろう、そのために努力しようと思えます。

逆にしっくり来ない場合には入った後で人間関係で失敗するリスクにもつながるため、実は重要なのです。



こうした人柄を合同説明会でどのように判断していくかですが、説明の仕方などから分かるようになっています。

18卒向け合同説明会を理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

面倒くさそうに質問していたり、中身を理解していなかったり、落ち着きがなかったりする場合は残念ながら魅力的とは言えません。


こうした仕事を新入社員、若手社員が行っていて緊張している可能性は十分に考えられますが、ひょっとすれば自分の先輩になるかもしれない存在です。

その人に魅力を感じないと、仮にその企業で働く際にいい展望を描けないということになります。

合同説明会が最近こちらで話題になっています。

この人の後輩になりたいと思わせる人を合同説明会で見つけることができれば、能動的に就職活動ができ、他の企業の合同説明会にも積極的に参加できるようになります。


Copyright (C) 2016 合同説明会では採用担当者の人柄を見るべし All Rights Reserved.